お知らせ

news

2022.01.13

飛行許可申請に必要な用語2

ドローンの飛行許可申請に必要な用語を学ぼう②

★自動操縦(オートパイロット)

アプリなどを使用してドローンを飛ばす
経路をあらかじめ決めて、自動的に操縦することです。

何か不具合が起きたときに、原則プロポなどでの
手動操作に切り替えられる設計になっていることが必要です。

ドローンでの点検や測量など、業務によっては自動操縦を使用します。

★カメラとアプリ

ドローンに装着するカメラと、飛ばす際に使用するアプリです。

許可申請で重要な点は、ドローンを製造している
メーカーが指定しているカメラとアプリ以外のものを使用すると、
申請が面倒になる可能性があるということです。

★フェールセーフ機能

ドローン操縦中にプロポから出す電波が
途切れてしまったときや、不安定になったときに
作動する安全機能です。

自動的に帰還してくれたり、
その場でホバリング(滞空)し続けたりする機能があります。

この機能が無いドローンの申請は少し難しくなる、
ということだけ覚えれば大丈夫です。

★ホバリング

特別な操作をしなくてもドローンが
空中で停止飛行する(浮き続ける)ことです。

今は多くのドローンがホバリング機能を備えています。

もちろんこの機能がないドローンもあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【ドローン実務セミナー開催予告・来年2022年2月】

https://shigyoseminar.com/drone_honpen/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

バウンダリ行政書士法人 
代表 佐々木慎太郎 

ドローン飛行許可申請サービス
https://drone-kyoka.jp/

著書
https://amzn.to/3zbvN6f

フェイスブック
https://www.facebook.com/shintaro.sasaki.79

Twitter
https://twitter.com/boundary_drone

【プロフィール】

1989年 宮城県仙台市生まれ 

2015年1月 佐々木慎太郎行政書士事務所開業

2017年2月 一般社団法人宮城ドローン研究会設立 代表理事就任

2019年5月 合同会社SSコンサルティング設立 代表社員就任 
      2団体のドローンスクール運営

2020年3月 バウンダリ行政書士法人設立 代表社員就任 

保有資格
行政書士・宅地建物取引士

メルマガ解除
https://abcvw.biz/brd/88s/samurai-law/mail_cancel.php?cd=12OKfE75TRtkwc